×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

簡単な会話術と心理学で人間関係をスムーズに!TOP > 会話術の基本 > 相手の話をよく聞く

相手の話をよく聞くについて

 
会話はお互いの言葉のキャッチボールから生まれます。

キャッチボールとは、一回投げて一回受け止めるのが普通ですね。

もし、相手の言い分を一方的に聞いてばかりで、自分が意見をいう隙もなかったら、キャッチボールではありません。

人は伝えたいことがあるときには、つい自分ばかり話してしまったりするものですが、反対の立場になって考えてみましょう。

もし、友達が一方的に自分の言いたいことばかりを言って、自分は話す機会さえも与えられないとしたら・・・

自分は受け入れられてないのではないか…と不安になったりするかもしれません。

もしかしたら、もう友達と会話をしようという気持ちさえなくなってしまうかもしれません。

そして、不安に思っていたりすることは自然と態度にも表れてしまいます。

では、どのように自分の話を聞いてもらうと嬉しいでしょうか?

「あなたのお話に興味があります」ということが伝わってくれば、嬉しいですよね。

相手が少し前かがみの姿勢になり、自分の顔をしっかり見ながら、「はい」だけでなく、「そうなんですか」「それはすごいですね」などと熱心に聞き入れてくれると、自分の話に興味があるという気持ちになりませんか?

また、誰でも自分の話しを熱心に聞いてもらうと気持ちがいいものですし、人は、自分の話しに耳を傾ける人に対して、「受け入れられている」という安心感も生まれます。

昔から「話上手は聞き上手」という言葉がありますが、相手の話をしっかりと聞き、会話が楽しくなる雰囲気を作り出すことで、自分の話も聞いてもらえるのです。
 

会話術の基本記事一覧

目を見て話す

あなたの趣味が釣りだったとしましょう。そして、あなたはその釣りの良さを友達にわかってほしいと思っていたとします。そのとき、あなたはどのように友達に釣りの良さを伝えま...

相手の話をよく聞く

会話はお互いの言葉のキャッチボールから生まれます。キャッチボールとは、一回投げて一回受け止めるのが普通ですね。もし、相手の言い分を一方的に聞いてばかりで、自分が意見...

肯定的な言い方をする

肯定的な言い方をすると言うと難しいようですが、これは簡単にいうと否定しないということです。例として、あなたが上司だとして二人の部下に仕事を頼む場合を考えてみましょう。 ...

相手の言った言葉を繰り返す

例をあげて考えてみましょう。彼氏:「君の好きな食べ物はなに?」彼女:「私はケーキが好きなの」彼氏:「へぇ」という会話を、彼氏:「君の好きな食...

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン

質問には「クローズドクエスチョン」と「オープンクエスチョン」があります。クローズドクエスチョンというのは、答えが「はい」か「いいえ」しかない質問のことです。例えば、...

前回の話をしっかり覚えておく

以前に会った時に、いろいろ話をした内容を覚えていてくれてると、「ちゃんと覚えてくれてた」と嬉しく思うときはないでしょうか?例えば、「前回会った時にコーヒーが好きって言っ...

難しい言葉を使う時

あなたの中では普段使っている言葉であっても、相手には難しい言葉であることもあります。業界用語、専門用語、略語などがそれにあたりますね。相手は難しい言葉で話され続ける...

はっきりと話す

声が小さかったり、もごもごと話をされても、聞こえにくかったりしますよね。また聞き取るために、相手に余計な気遣いをさせてしまい、肝心の内容に集中することができなくなってしまう...