×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

簡単な会話術と心理学で人間関係をスムーズに!TOP > 会話術の基本 > 目を見て話す

目を見て話すについて

 
あなたの趣味が釣りだったとしましょう。

そして、あなたはその釣りの良さを友達にわかってほしいと思っていたとします。

そのとき、あなたはどのように友達に釣りの良さを伝えますか?

魚の大きさだったり、魚の種類だったり、また魚がえさに食いついて引きあげるときの感動だったりを、正面をむいて、無意識に相手の目を見て話していると思います。

伝えたいという気持ちが大きければ大きいほど、目を見て話していると思います。

これは、話していることが相手に伝わっているのか、相手の顔色を見て確認したいという気持ちの現れの一つだと思います。

もし、ここで相手が嫌そうな顔をしていたり、反応が悪かったりすると、釣りのよさを伝えることをやめてしまうかもしれません。

これを相手の立場になって考えてみましょう。

友達が自分の目を見て、一生懸命に釣りのよさを伝えてくれている。

もしかしたら、釣りっておもしろいのかもしれないという気持ちになるかもしれません。

反対に一度も目を見て話してくれないと、どれだけ釣りのよさをアピールされても、不安に思ってしまうかもしれません。

また、話がつまらなく聞こえるかもしれません。

誠意を伝えるには目を見て話すということが大事なのです。

また、相手の目を見て話すということは、相手の反応を知ることもできます。

理解してるか、していないか。

楽しく感じてくれているか、楽しくないのか。

相手の反応によって、自分の話をどう展開させていけばいいのかと考えることもできます。

ただし、あまり見つめすぎると相手にプレッシャーを与えることもあるため、相手の鼻のあたりを見て話すのがちょうどいいでしょう。

 

会話術の基本記事一覧

目を見て話す

あなたの趣味が釣りだったとしましょう。そして、あなたはその釣りの良さを友達にわかってほしいと思っていたとします。そのとき、あなたはどのように友達に釣りの良さを伝えま...

相手の話をよく聞く

会話はお互いの言葉のキャッチボールから生まれます。キャッチボールとは、一回投げて一回受け止めるのが普通ですね。もし、相手の言い分を一方的に聞いてばかりで、自分が意見...

肯定的な言い方をする

肯定的な言い方をすると言うと難しいようですが、これは簡単にいうと否定しないということです。例として、あなたが上司だとして二人の部下に仕事を頼む場合を考えてみましょう。 ...

相手の言った言葉を繰り返す

例をあげて考えてみましょう。彼氏:「君の好きな食べ物はなに?」彼女:「私はケーキが好きなの」彼氏:「へぇ」という会話を、彼氏:「君の好きな食...

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン

質問には「クローズドクエスチョン」と「オープンクエスチョン」があります。クローズドクエスチョンというのは、答えが「はい」か「いいえ」しかない質問のことです。例えば、...

前回の話をしっかり覚えておく

以前に会った時に、いろいろ話をした内容を覚えていてくれてると、「ちゃんと覚えてくれてた」と嬉しく思うときはないでしょうか?例えば、「前回会った時にコーヒーが好きって言っ...

難しい言葉を使う時

あなたの中では普段使っている言葉であっても、相手には難しい言葉であることもあります。業界用語、専門用語、略語などがそれにあたりますね。相手は難しい言葉で話され続ける...

はっきりと話す

声が小さかったり、もごもごと話をされても、聞こえにくかったりしますよね。また聞き取るために、相手に余計な気遣いをさせてしまい、肝心の内容に集中することができなくなってしまう...